★2018‐19年度活動計画★


 

 

福井東ロータリークラブ

2018-19年度 会長 藤井  孝

【2650.地区テーマ】

 ロータリーを学び、実践し、発信しよう!

【クラブテーマ】

 もっとロータリーを楽しもう Enjoy Rotary

 

クラブ活動のエネルギーの源泉は、会員すべての個々の力です。クラブが明るく活力に満ちた存在になるためには、一人ひとりの会員がよりロータリーを楽しみ、活動に参画し、学び、考え、汗を流すことが大切です。

そのためには会員相互の親睦が何より大事です。会員皆さんがよりロータリーの活動を楽しめるよう、そしてクラブ会員だけでなく、地域に、企業に、家庭に笑顔が広がるような活動ができる東クラブとなりますよう、そしてその輪がどんどん広がっていくように努めていきたいと願っております。

会員皆さんが「もっとロータリーを楽しむ」ことにより、クラブのポテンシャルを高め、活き活きとした快適で活力ある存在となっていくと考えます。

 

    会員増強

クラブの活力をより高めていくには、何よりも会員の増強が必要です。今年度も会員の増強はクラブ会員すべての力で成し遂げていきたいと考えています。特に女性の会員数は当クラブの特色でもあり、注力すべきです。さらに楽しいクラブ運営による退会防止も大切です。

 

    クラブ皆で楽しむ奉仕事業 -ロータリーディ 一乗谷朝倉氏遺跡景観美化事業()

本年度はもっと地域で愛され、信頼されるクラブとなるよう奉仕活動にもさらに注力したいと考えています。そのために地域の宝である「一乗谷朝倉氏遺跡」の景観美化のための事業を行います。奉仕担当の委員会のみならず会員の皆さん全てに参画して頂き、地域を愛する心を高め、更にはクラブの誇りを高めていきたいと考えます。

 

    ローターアクトの活動支援

私たちクラブの大切な協同活動者としてのローターアクトクラブの会員増強の支援は、当クラブ会員すべての課題として取り組むべきです。また、その活動がよりポジティブになる事が東クラブの活力を高める事と考えます。クラブ事業の一乗谷朝倉氏遺跡景観美化事業はローターアクトクラブと共に行う予定です。

 

    継続的な職業奉仕

これまで行ってきた職業奉仕事業は継続して、さらに多くの会員の皆さんに参画して頂き「奉仕は私たちの学び」の大切な機会として行っていきたいと考えます。

 

    公共イメージ向上のための活動

私たちがより地域や職場や家庭で愛され信頼されるためには、東クラブをより多くの人に知ってもらう必要があります。そのための公共イメージをアップするためには、メディアやネットでの広報活動も大切です。またSNS等による会員参加型の交流も増強活動のツールとして取り組んでいきたいと考えます。

 

    姉妹クラブ・友好クラブとの交流

私たち東クラブの活力を高める存在として、姉妹クラブ・友好クラブとの交流を大切と考えます。特に20周年を迎えた長浜北RCとの交流は、地域を愛するクラブ同士として多くの学びと刺激をもたらします。会員皆さんに参加して頂き、楽しみましょう。

 

    ロータリーを学び、実践しよう

東クラブに多くの若い会員が参加して頂けるようになった現在、ロータリーを学び、東クラブの伝統を学ぶことは、ロータリーをそしてクラブを愛する源となります。そのような研修の機会を多くの会員に参加して頂くことが大切な事と考えます。

 

    楽しく学べる例会の開催

ロータリーの活動の基本は毎週の例会にあります。忙しい時間の中から参加して頂いている会員の皆さんにより楽しんでもらえるよう、そして「気づき・学び」の機会としての卓話の内容を工夫して魅力ある例会の運営に心がけます。

 

    何より大切な会員相互の友情

より地域の為になる、社会のためになるクラブとなるには、会員皆さんの力を繋ぐ事が必要です。そのためになくてはならない事が、会員同士の友情です。会員相互の友情を育む源泉こそ親睦活動と考え、注力して参ります。

今年度は福井フェニックス祭りの花火大会を眼前に眺める花火例会をはじめ、新たな企画にも取り組んでお楽しみ頂きます。

 

 

以上、クラブ会員の皆さんに「ロータリーをもっと楽しんで」頂くことにより、会員一人ひとりの力を繋ぎ、共に学び考え、汗を流すことによって、さらに東クラブが活き活きと、そして活力ある地域と社会づくりの一助となりますよう努力して参る所存です。

 

会員すべてのみなさんのご協力なくしては実現できません。楽しく、明るく、共に進んでいきたいと願ってやみません。